伊藤敦様のご活躍!




 ( 院長の父です。身内の紹介ですみません。)

  
      「2011年秋奥穂高岳」
 

   当院を体の調整に使ってくれています。

  伊藤敦は平成10年に東京の都立大塚病院にてラブ法による腰部ヘルニア手術を受け

 ました。その後、当院にて懸命のリハビリを行い、翌年モンブラン登頂に成功しました。

  その後もヨーロッパアルプスを中心に登山を続け、スイスのブライトホルン

 やアラリンホルンの登頂、アレッチ氷河やミルフォードトラック(NZ)の完全踏破

 などに成功しました。

  現在、77歳(昭和10年生まれ)、喜寿を迎えます。

  腰の手術を受けて14年目になる今日まで、精力的に激しい登山を続けることがで

 きた秘訣について、次のように語っています。

 「 六九堂で定期的に毎月2回の予防のためのマッサージを受けていました。また、

 少しでも腰に違和感のあるときには、すぐに鍼による施術を受けたのが良かったです。

 そしてアドバイスも役に立ちました。」

  今後も、引き続き体調を整えながら、存分に楽しくアウトドアライフを続けていただき

 たいと願っております。



  
     「2011年秋奥穂高岳」

  
     「2011年秋奥穂高岳」

  
     「2011年7月槍ケ岳」

  
     「2011年7月槍ケ岳」
  

      六九堂 ホームページトップへ戻る!


   
   Copylight (c) Rokkudou 1998-2012