続 新型肺炎について

クルーズ船で感染し、お亡くなりになられた方がおられたと報道で拝見しました。心よりご冥福をお祈り申し上げます。

いよいよ日本にも本格的に新型肺炎が入って来たようです。いたずらに恐れてはいけないのですが、連日の報道で情報が日本中の津々浦々に行きわたっているのも事実です。お陰様で分かってきたことも増えてきました。

新型肺炎 判ってきたこと

新型肺炎の性質

  • 感染力は非常に強いようです。
  • 接触感染でも飛沫感染でもうつるようです 
  • 目からもうつるようです。
  • 狭い閉鎖空間でうつりやすいようです。例えば車両や航空機、船舶などです。
  • 種類はコロナウイルス。
  • 今回流行中の新型肺炎の正式名称は「COVID-19」です。

予防について

  • ワクチンは今日の時点ではまだ出来ていないようです。 
  • 検査キットは間もなく出来るようです。
  • ある程度マスクも有効のようです。
  • アルコールが有効のようです。
  • うがい、手洗いが有効のようです 。

治療について

  • お薬はまだ出来ていないようです。
  • エイズウイルス向けのお薬が効果的のようです。
  • 発症してもほとんどの人は時間がかかりますが回復するようです。
  • 重症化しやすい方は免疫力の弱い方のようです。例えば、高齢者・持病のある方・免疫抑制剤を使用されている方などです。

今できること

  • 不要不急の外出は避けましょう。
  • 可能な限り混雑した場所には行かないようにしましょう。
  • 外出時はマスクをしましょう。
  • 喉の保湿をしてウイルスを取りつきにくくしましょう。その目的なら、手作りのマスクでも役に立つと思います。キッチンペーパーと輪ゴムで作るマスクが人気のようです。
  • なるべく公共のものには触れないようにしましょう。
  • 公共の物にどうしても触れる場合は使い捨てゴム手袋をはめるのも一法です。
  • 帰宅時と就寝前のうがい、手洗い、場合によっては目も洗うことができると安心ですね。
  • 休養・睡眠・栄養を心がけましょう。

やはり予防が一番ですね!

内閣官房 新型コロナウイルス感染症対策のホームページ へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です